2015年04月18日

両側エンジンが無線設備に衝突 アシアナ機事故

広島空港で事故を起こしたアシアナ航空機は、両側のエンジンが滑走路手前の無線設備に衝突していたことが新たに分かりました。
17日、広島空港で3日ぶりに運航が再開されました。しかし、事故機は滑走路の脇から動かすことができず、国の運輸安全委員会の事故調査官らは機体の中などの調査を続けました。その結果、左右のエンジンが無線設備に衝突し、左側のエンジンは地面にも接触したとみられることが確認できたということです。

テレビ朝日系(ANN) 2015年4月18日
posted by kotsujiko at 20:38| 航空事故