2010年03月24日

JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因

JR埼京線、山手線、湘南新宿ラインが23日夜にストップしたトラブルは、目白駅の駅舎周囲に設置した情報通信用ケーブルがたわんで電車と接触し、切れたことが一因であることが24日分かった。ケーブルは、2カ所で切れていたことも判明した。

目白駅の駅舎周囲の手すり部分に設置してあった情報通信用ケーブルのプラスチック製の留め具が破損し、ケーブルにたわみが発生。このたわみに走行中の埼京線下り電車が接触し、ケーブルがちぎれた可能性があるという。

3月24日 毎日新聞

posted by kotsujiko at 19:29| 鉄道